たぬき捕獲2011/03/24 18:40

 ここ数日、鶏が無惨に殺される事が続いた。
所々金網が破れておりそこからケモノが侵入したものと判断し、その周辺に虎ばさみを設置した。

 翌日見事に捕獲。
タヌキだった。
背中の毛が抜けており病気なのか、年寄りなのか。
殺すのも気が進まないので、そのままにしておいたら、寒さのせいか翌朝には死んでいた。

 これ以来鶏が死ぬ事が無いので、やはりこいつが犯人だったようだ。

地鶏ソーセージ2010/11/19 00:13

 久しぶりにソーセージを作るために、我が家の老鶏21羽を屠殺、解体した。

 この日の為に、ここひと月程、脂肪がつくように炭水化物を多めに給餌してきた。
個体にもよるが、黄色い脂肪が結構ついていて、鶏肉独特のパサツキ感をいくらかでも抑える事が出来ると思う。
ソーセージ屋さんにはブタの背脂を入れた方がいいよと勧められたのだが、ここは私のこだわりで、混じりっけ無しの鶏肉100%のソーセージである。

 加工はいつも通り、七山村の薫屋さんに委託した。
こちらの社長は現在新製品の開発中で忙しいのか、仕上がりは来週中との事であった。

地鶏ソーセージ2009/05/27 21:05

永年卵を産み続けてくれた鶏を、老鶏から順に屠殺し、ソーセージにしている。

通常産卵後3年以上経過している鶏たちなので、精肉では固くて、お客さんは二度と購入してくれない可能性が高いので、付加価値を付ける意味からも、ソーセージに加工してもらっている。

加工は七山村の「薫屋」さん。本場ドイツのコンクールで何度も優勝や表彰を受けている、実力派のソーセージ屋さんだ。

製造には天地農場オリジナルレシピのハーブとスパイスを使い、さらに美味しさアップの天然成分を加えて燻すだけの、無添加100%鶏肉のソーセージだ。

近頃フリーペーパーで紹介された事もあり、在庫があっという間に切れたために、本日急遽解体し、薫屋さんに持ち込んだという次第である。

朝から夕方までぶっ通しで、25羽捌きくたびれ果てています。 ちなみに4本入りで400円です。冷凍真空パックしています。