桜島の降灰2011/09/04 22:06

 ホテルの近くのゴミ集積所に、鹿児島ならではの光景があった。
降灰回収所だ。
正確にはゴミの回収所ではなく、降灰専門の回収所のようだ。
わざわざ、ゴミの回収所と別にする意図がわからないが、想像するに、灰は重たいから回収拠点をたくさん設けているのかもしれない。

 「克灰袋に入れて」というところが、大変な努力と苦労を感じさせる。
北海道にも「克雪」という言葉があったように思う。
近頃は「利雪」か。

 回収した灰はどうしているのだろう。
時々各種用途開発がなされているとのニュースも耳にするが、多くは廃棄処分だろう。
やはり桜島に捨てに行くのかな。

 翌朝の車にはうっすらと灰が積もっていた。
健康にも良くないのではないかな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://atopikko.asablo.jp/blog/2011/09/04/6088782/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。