古川佐賀県知事を糾弾する2011/08/09 22:28

 下記配信記事中<  >内は私のツッコミです。


 九電やらせ問題 古川知事発言 佐賀支社長メモ全文

毎日新聞 8月9日(火)20時3分配信
 九電佐賀支社長作成のメモ全文は以下の通り(実物はA4判2枚の横書き。左上に「関係者外秘」の判が押されている)。

平成23年6月21日

 段上副社長・諸岡常務退任挨拶(あいさつ)メモ

 1・日時 平成23年6月21日 8時50分~9時15分

 2・場所 知事公舎

 3・挨拶先 佐賀県 古川知事 (当社)段上副社長、諸岡常務、大坪支社長

 4・内容 副社長、常務から退任の挨拶を行った後、懇談に入った。以下、古川知事発言のみ記載

 ○発電再開に向けた動きを一つ一つ丁寧にやっていくことが肝要である。

 <いきなり、再開ありきの発言!>


 とりあえず、「国主催の県民向け説明会」を26日(日)午前中に開催することとなった。その後、月末から来月初めにかけて「経済産業大臣に来県」いただく予定である。

 ○20日から始まったIAEA閣僚級会議にも注目しており、国には「IAEAから緊急時対策を評価するコメント」を出してもらえるように説得工作すべしと進言しているが、国側は「今回は裁かれる側の立場なので言いにくい」と頼りない返答ぶりであった。

 <国(政府)にも工作を持ちかけているなんて!>



 ○「国主催の県民向け説明会」は、ケーブ
ルTVやインターネットで中継し、県民の代表者5人程度が質問する形で開催する予定である。

 ・県民5人の構成をどうするかだが、一人は商工会議所の島内専務理事を予定している。

 ・反対派も一人入れようかと考えたが、反対を標榜(ひょうぼう)する人達(たち)にもいろいろな考えがあり、複数のグループから代表者を一人選抜することが難しいとのことであったため、残りは県民代表として普通の参加者を選ぶことになるであろう。(イベント企画会社が運営する予定)

 <佐賀新聞社にとって大広告主である九州電力に否定的なことは出来たら書きたくないはず。中尾清一郎佐賀新聞社長は、原発やらせメール県民集会を企画した佐賀広告センターの社長でもあるから公平な人選も端から期待できないはず。>


 ・普通の人に素朴な疑問をぶつけてもらうのが会の趣旨に沿うことになると思う。反対派はかなり勉強もしており、専門的議論になってしまうと、一般県民にはつまらなくなる懸念がある。

 <なんだか佐賀県民をバカにするような発言だなあ。そもそもつまるとかつまらないとか言うレベルの話なのか。低俗なテレビ番組とは違うのだぞ。>


 ○県民の不安は原子力発電所そのものではなく、目に見えない放射線への恐怖に対してである。それに答えるべき保安院は全く信用を失っている状況。そのような不安に答えるために長崎大学の放射線医学の専門家に同席してもらうことも考えているが、国主催の説明会なので難しいかもしれない。(専門家の承諾が貰(もら)えないかもしれないとのこと)

 <原発と放射線を分けて考えるのがおかしい。原発が無ければ放射線問題も身近なリスクではない。長崎から御用学者を呼んでくるんですか?>



 ○今後の動きに関連して、以下の2点を九電にお願いしたい。

 (1)自民党系の県議会議員さんはおおかた再起動の必要性について分かっているが、選挙を通じて寄せられた不安の声に乗っかって発言している。議員に対しては、支持者からの声が最も影響力が大きいと思うので、いろいろなルートで議員への働きかけをするよう支持者にお願いしていただきたい。

 <「乗っかって」という表現は県議会議員を小馬鹿にした発言に聞こえる。まあ自民党系の議員は役立たずばっかりだから、ある意味当たっているともいえる。国に働きかけ、議員に働きかけ、九電にも働きかけ、もしかしたら佐賀新聞社にも働きかけたんじゃないのかな古川クン。>



 (2)「国主催の県民向け説明会」の際に、発電再開容認の立場からも、ネットを通じて意見や質問を出して欲しい。(6月2日の県執行部に対する保安院説明時と同じ対応をお願いしたい)

 <保安院説明時と同じ対応???このときもやらせをしたのかい?>



 ○このような段取りを踏んでいく際、危惧される国サイドのリスクは「菅総理」の言動である。発電再開に向けての総理自身のメッセージが発せられない。全国知事会議では、発電再開に向けてのメッセージを読み上げる予定で、経産省とすり合わせた原稿が用意されていたのに、その場になって読み上げてくれなかった。6月末から7月にかけて「菅さん」が首相のままかどうか分からないが、首相の言動で考えているスケジュールが遅れることを心配している。以上

 <古川知事の頭の中には、再開までのタイムスケジュールがきちんと出来てたんだろうねえ。となると全てがやらせってことだな。>

  <「(自分の発言とメモは)内容やニュアンスが相当違う。(やらせを)要請した事実はない。私の発言が誤解され、増幅された。責任を取らねばならないとの認識はない」だって。寝ぼけたこというな。この人もう終わったな。>

コメント

_ のらくろ太郎 ― 2011/10/01 05:33

古川知事は、歯がゆいけど辞めません。それは、3期目の権力、議会の無能、県民の関心の低さのせいです。逃げきれると思っているから、あんな無責任な答弁が出来るのです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://atopikko.asablo.jp/blog/2011/08/09/6038493/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。